PSCM:
人々の意見や行動が、文化の違い、国民性、感情といった視点からではなく、論理性と合理性に基づき判断される状況のこと。

インターナショナル コンテキスト マネジメント

「日本の常識は、世界の常識」

プログラムを通じ、人々の意見や行動が、文化の違い、国民性、感情といった視点に左右されることなく、論理と合理性に基づいた判断ができるスキルと考え方を会得する。

あなたの「ベストパートナー」として、柔軟な思考回路の養い方、特に重要な「聴く力」と「適切な質問をする力」を鍛えることで、成功に導きます。

「おもてなし」や「常識」という言葉があるように、日本の文化では感情や感覚に重点をおいたコミュニケーションの取り方が主流です。「あるべき姿(日本の常識)」にとらわれすぎると、異なる意見や論理が捉えにくくなります。

日本人以外の人々の明確な考え、論理、理由


これまでの具体例

全てのパートナーシップはカスタムメイドです。
下記リストの中にあなたの職種が見当たらない場合にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

ステータス:営業担当者・マネージャー

状況:  ・商談やビジネスプレゼンテーションを英語で行いたい。
     ・売買に関する契約条件を英語で交渉したい。
     ・セールス後のアフターフォローを英語で行いたい。
     ・営業のグローバルチームの販売活動をうまく動機付けしながら管理したい。


ステータス:人事担当者・マネージャー

状況:  ・外国人人材の採用インタビュー、育成ミーティングを英語で行いたい。
     ・各国拠点の人事担当とうまくコミュニケーションをとりたい。
     ・グローバルの人事制度刷新のため、各国ごとの法律対応をうまく進めたい。


ステータス:弁護士・企業法務・法曹関係者

状況:  ・ビジネスの各部署に対してのリーガルアドバイスを英語で行いたい。
     ・英語圏の国の法律調査を現地法律事務所と提携し進めたい。
     ・M&Aに関するクライアントとのディスカッションを英語で行いたい。


ステータス:医師・看護師・医療関係者

状況:  ・外国人患者と英語でコミュニケーションをとりたい。
     ・外国人スタッフとうまくコミュニケーションをとって医療活動を行いたい。
     ・専門領域に関する学会で、英語で発表をしたい。


ステータス:USMLE受験者

状況:  ・USMLEの実技試験で、適切にコミュニケーションをとりたい。
     ・USMLE試験関係者と、スムーズなコミュニケーションをとりたい。


 

「英語を学びたい」「外国の人達とコミュニケーションを取りたい」というだけの目的の方には、
英会話学校をお勧めいたします。

BerlitzECC外語学院NOVAAEONCOCO塾, NCC綜合英語学院