最短、最速で身につけるビジネススキル

重田英貴さま 【鉄道会社物流部門マネージャー】 Eiki Shigeta | LinkedIn

 

PSCMのメソッドについて

私は2013年の7~9月にかけて、PSCMのコーチとパーソナルトレーニングの時間を持つことが出来ました。

私のニーズは、最短、最速で「(英語による)業務情報の交換と、互いに影響しあう関係を築く事が出来るようになること」でした。日本の鉄道会社に勤めているため、通常で英語を使う機会はありません。従って、英語はあくまでもコミュニケーションの手段であり、あくまでも必要に迫られて身につけるスキルの 一つという位置づけでした。そこで、お金と時間あたりで、成果が高くなる方法を探しました。

そこで出会ったのが、PSCMのコーチです。

最短距離で自分のゴールに到達できるPSCMのプログラム

私の場合は、鉄道や物流に関する事柄を材料に行いました。通常のスクールにありがちな、一般的な会話に関する事柄に時間を使うことはありませ んでした。それらはインターネット等によって容易に確認が可能です。すべての時間が業務等にかかわる事柄の検討に使われることで、ビジネススキルの向上が、スピーディーに進みました。

また、無駄のないシンプルなメソッドとなるため、テキスト等が不要になるというメリットも生まれます。

一般的なスクールは、教える効率を重視するために、個別のステップが組めないのですが、PSCMのメソッドではそれが可能です。だから、海外で同じ業界のプロフェッショナルと、互いに影響しあう関係を築くことが直接的に可能になります。また、メソッドで耳にするやりとりは、インターネット等で流れているネイティブの話す英語であり、私たちにわかりやすく準備されているものではありません。

それこそが、Garicontが日本で独自のメソッドを展開している理由であり、私が今回、PSCMのコーチにパーソナルトレーニングを依頼した経緯でもあります。

英語を伸ばすには、様々なアプローチがありますが、時間が限られた人がbusiness skill を身に着けようとするならば、私はPSCMのプログラムを薦めます。