Trainee Voice

皆様のベストパートナーとして

【CMCM】

一流企業社長:米国主要都市での国際会議において確実な印象を残す。


【CMCM x PSCM】

医者:米国医療資格を獲得後、欧州、米国でのプレゼンテーションに成功。


【EECM】

大手企業勤務:短期間での昇格、部下の管理、経営幹部や提携企業の幹部からの信頼を得て、確固たる地位を築く。


【PSCM】

大手法律事務所弁護士パートナー:海外との交渉を確実に成功に導く。


【PSCM】

大手外資系営業職:海外の小売り店舗との電話交渉成功。


【PSCM】

外資系銀行員:海外拠点との電話会議にて国内の状況を的確に説明し、会議の中心的存在として重要な論議点を筋立てて説明することに成功。


Trainee Voice

渡米して気づいた自分の限界

奥村賢治さま 【外科医】

渡米して気づいた自分の限界

Garicontとの出会いは、セミナーで私がPSCMのコーチを見かけたのが始まりだ。その時私は、Garicontの事は全く知らず、所属コーチが話しているのを見かけただけであった。その後、彼らが提案するPSCMメソッドに関して知る事となり、私自身興味を持っていたがなかなか時間の関係上、依頼をすることはなかった。

(続きを読む)

世界に活躍する医師になるために

三浦由記子さま 【医師】

Garicontとの出会い

Garicontのセッションは、2014年4月2日から週2回のペースで始まりました。 5月の中旬に米国カリフォルニア州サンディエゴで国際学会があり、oral presentationの準備をCMCMのコーチに手伝ってもらいました。Garicontでは、日本人用に話されるゆっくりとした英語ではない、実際のやりとりに慣れるよう訓練されます。それにより、私は現地のアメリカ人 の英語を以前よりも理解することができ、ストレスなく質疑応答を楽しむことができました。想定質問に頼る必要もありませんでした。

(続きを読む)

最短、最速で身につけるビジネススキル

重田英貴さま 【鉄道会社物流部門マネージャー】

PSCMのメソッドについて

私は2013年の7~9月にかけて、PSCMのコーチとパーソナルトレーニングの時間を持つことが出来ました。

私のニーズは、最短、最速で「(英語による)業務情報の交換と、コミュニケーションを行う事が出来るようになること」でした。日本の鉄道会社に勤めているため、通常で英語を使う機会はありません。従って、英語はあくまでもコミュニケーションの手段であり、あくまでも必要に迫られて身につけるスキルの 一つという位置づけでした。そこで、お金と時間あたりで、成果が高くなる方法を探しました。

(続きを読む)